オメガの時計と魔法の言葉について

オメガの腕時計は勇気をくれるような魔法の言葉などです。ちなみに、トップページはオメガの時計についてです。

オメガとは

オメガと言うのは、時計です。

ロレックスと人気を争っているくらいの世界的な時計のブランドです。

オメガの名前の由来はΩ(オメガ)です。

アルファベットの最後の言葉となっているオメガが名前の由来だと言う事です。

オメガには最高とか究極とかそういう意味合いもあり、いつまでも世界最高級の時計であるためにつけられたとも言われています。

ちなみに、オメガの発祥の地はスイスです。

1848年にスイスのラショード・フォンでルイ・ブランが息子二人と始めたのがきっかけでオメガは始まりました。

ルイ・ブランがオメガを始めた頃は全て手作りで製造していました。

しかし、そこを先駆者的に機械製造方式にしたのです。

それがきっかけでオメガは高品質な時計を低コストで作れるようになり飛躍にきっかけとします。

そしてあっという間に、トップメーカーの地位を確立するわけです。

1932年にはオリンピックで使われる時計として採用されることになりました。

アスリートと言うのは0,1秒でも誤差が許されません。

よほど性能がいよ時計でないとオリンピックで使われる事はないのです。

つまり、1932年の時点でオメガの信頼度がかなり高かったことが分かるのではないでしょうか?さらに、アメリカのNASAが公式の腕時計としても使っていますし、アポロ計画で月面着陸をした時に、宇宙飛行士の腕にオメガスピードマスターが着けられていたのは、余りにも有名な話です。

NASAのアポロ計画に関しては、実際には月に行ってないのでは?とも言われていますが、公式の記録としてはオメガスピードマスターを手に付けて宇宙飛行士が行った事になっています。

ちなみに、宇宙飛行士と言うのは道の世界に行くわけですし、地球では考えられないような過酷な環境である宇宙に行くわけです。

その宇宙においても正確に動作すると言う事でオメガが選ばれたようです。

これも凄い事ですよね。

あと、オメガの人気機種で「コンステレーション」と言うのがあります。

1952年にデビューして、1996年にリニューアルされましたが、こちらもかなりの人気があります。

コンステレーションの初期モデルは私も欲しいところですね。

オメガの時計の一部を紹介します。

コンステレーションミニ。

オメガのコンステレーションを小柄にしたモデルです。

小さいため女の子にも人気があります。

セレブな女の子であれば着けてみたい一品ですね。

ちなみに、私はこの間、調べたら価格が90万ほどしていて驚きました。

90万円するには理由があってダイヤが埋め込まれているようです。

時計と言いながらも完全に宝石のようなものです。

ちなみに、コンステレーションと言うのは星座の意味があり、文字盤には星のマークがあったりするのが特徴です。

スピードマスターレーシング。

スピードマスターレーシングはF1のスーパースターであるミハエルシューマッハと広告契約を結び完成したコラボ商品です。

ダイヤルカラーに関してはイエローとレッドの2種類があります。

それぞれ黄色と赤の革ベルトがありどちらもお洒落な感じがします。

しかし、スピードマスターレーシングはシューマッハの色が濃く出ているせいか、オメガの腕時計からは外れると考える人もいるようです。

お洒落でいいと言う人もいれば、もう少しオメガらしさを出して欲しかったと言う方もいます。

デ・ビル プレステージ。

新しい時代を感じさせるようなオメガの斬新さを感じるところがあります。

婦人用もありますし、女性からも注目されているのが特徴です。

押し出しの法則

何故、高級時計をするかについてですが、押し出しの法則と言うのがあるとされています。

つまり、時計を見ただけで凄そうな人だと分かって、あった人が畏怖してくれるからだとされています。

オメガの時計と言うのは、一つのステータスになっていて、これを身に着けているだけで偉い人だと思われるわけです。

さらに、人によっては、レンタルしてまでオメガの時計を愛用する人もいます。

日本一の金持ちと言われている斎藤一人さんはロレックスの時計をすることをお勧めしていましたが、ロレックスではなくオメガでも十分ですしオメガをしていた方が、違いが分かる人のような感じがするのではないかと思います。

それでも、オメガの時計を持ったことがない人は店舗に行って、身に着けさせてもらってください。

ちょっとした良さが分かると思いますよ。


メニュー

オメガの腕時計は勇気をくれるような魔法の言葉などです。ちなみに、トップページはオメガの時計についてです。

Copyright (c) 2016 オメガの時計と魔法の言葉について All rights reserved.